不妊治療とはどんなものをいうの?

結婚する年齢の上昇から、必然的に妊娠や出産をする年齢も上昇し、それに伴って残念ながら不妊症と診断される方の数も増えてきています。赤ちゃんが欲しいご夫婦だと、不妊症と診断された場合には、そのまま不妊治療に入ることが多いものです。

不妊治療とは、不妊症の原因となっているものを探し、その要因を解消し、妊娠、出産へと至らせることを言います。日本では昔から今も変わらずに妊娠できないのは女性側に責任があるといった考え方が根強くはびこってます。

しかし、不妊治療を受けるご夫婦が増え、治療そのものが進歩していく過程で、不妊症の原因は男性側半分、女性側半分だということが明確に数字として分かってきました。ですから、不妊治療はご夫婦揃って受けることが重要です。

治療自体は、生理周期を把握するところから始まり、問診、診察、各種検査、そしてタイミング法を行っていき、それでもなかなか妊娠できない場合には体外受精や顕微授精という方法が取られます。

不妊治療とは妊娠、出産に至るまでと先ほど書きましたが、残念ながら日本国内における不妊治療はまだまだ機械的なものが多く、不妊症のご夫婦が抱える経済的負担、精神的負担、肉体的負担へのケアが全然足りてないと言われているのが現状です。

HOMEへ戻る