選ばれる人気の排卵日検査薬は?

薬事法改正により、日本での排卵日検査薬の購入はものすごく面倒くさくなってしまいました。

病院や調剤薬局、または処方箋の受付をしているドラッグストアであれば購入出来るのですが、陳列棚に並べてある訳ではありません。

薬剤師さんに購入の希望を告げ、名前や住所などを所定の用紙に記入する必要があります。

このようなルールになってしまった以上、「それならば!」と海外の製品をネット通販する方が今では大半のようです。その中でも圧倒的に人気なのが、アメリカ製のワンステップ排卵検査薬です。その人気の秘密は、なんと言っても価格の安さではないでしょうか?

排卵日検査薬を使いこなすのは難しい?

排卵日検査薬の使用には少しだけコツがいります。

判定結果が曖昧なことはよくありますし、生理周期が乱れ勝ちな方には検査のタイミング自体が計りにくい。また、判定結果が短時間で変化することもあり、なかなか慣れるまでに時間がかかるのです。

そう、排卵日検査薬は、取扱に慣れるまではどうしても無駄にしてしまうことが多いアイテムなのです。

はじめての方は検査薬で排卵日がすぐに分かると考えるかも知れませんが、実際には体の調子などで上手くいかないこともある。そのことをよく知っている方は、排卵日検査薬の結果はあくまで目安と考え、少しでも精度を上げるために安くて使いやすい海外製の排卵検査薬を選択しているのです。

人気の秘密は価格の安さだけ?

ワンステップ排卵検査薬は、数ある排卵日検査薬の中でも業界最安値レベルです。だからこそ人気なのですが、人気の秘密はそれだけではありません。

中には、「安かろう悪かろうで信用できない」と思われる方もおられるかも知れません。

しかし、このワンステップ排卵検査薬は、不妊治療先進国である米国製であり、日本の厚生労働省にあたる米国食品医薬局(FDA)が認可している、信頼性においても国が保証済みの安心・安全な製品なのです。

妊娠に関する先進的な技術を持った米国の排卵日検査薬を、実績と信頼のある通販サイトで購入することで、間違いのない製品を安くお手軽に入手することが出来る。排卵日検査薬はあくまで簡易検査紙ですが、だからこそ明朗さと誠実さに裏付けされた製品が人気を集めているのです。

これを使って妊娠が出来たという人が増えるたび、その排卵日検査薬の価値や人気は上がっていきます。ワンステップ排卵検査薬は、その様にじわじわと支持を集めてきた、妊娠を望む全ての方に、まず最初におすすめできるアイテムなのです。

ワンステップ排卵検査薬からはじめてみる

ホルモン量が比較的多めで、もともと陽性反応が出やすかったり、数日陽性反応が続いてしまったりという方は、感度の高いワンステップ排卵検査薬は使いにくいと感じることもあるかも知れません。

しかしながら、ご自身のホルモン量を把握している方は少ないでしょうから、はじめて排卵日検査薬を使うという方は、ご自分の体の癖や特徴を掴むためにも、躊躇せず1日に何度も使用することの出来る「ワンステップ排卵検査薬」からはじめてみて欲しいのです。

実際に何度も使ってみて、それでも「ワンステップ排卵検査薬の感度が高すぎる」という方は、感度が低めで判定に曖昧なところがないデジタル式の排卵日検査薬に移行すると良いでしょう。

例えば、クリアブルー・イージーデジタルという排卵日検査薬は、少し高いのが難点ですが、「曖昧な判定は嫌!しっかり排卵日を把握したい」という方には非常におすすめです。

しかしながら、クリアブルー・イージーデジタルをおすすめできるのは、ご自分の体のリズムをしっかり把握している方になります。ごく限られた期間に使用する想定で作られていますから、例えば生理が不順気味だという方はタイミングを逃して無駄に検査してしまうということになります。

だからこそ、正確さを期す場合おいても、まずはワンステップ排卵検査薬を小まめに使って、ご自分の体のリズムを把握することからはじめていただきたいのです。

より正確に検査したいなら

より正確を期すのなら、基礎体温計と排卵日検査薬を併用し、陽性反応が出た後にしっかり高温期が来ているかなどの情報と照らし合わせて、ご自身の排卵の様子を確かめると良いでしょう。

更に正確な排卵日を知りたいのなら、病院に行くしかありません。なにかしらの理由で緊急に排卵日が知りたいのなら、排卵日検査薬に頼るべきではないのです。

一般的に、妊娠の確率というものはそれほど高くありません。何か事情があって、妊娠しにくい体質であるならば、妊娠までの道のりは長くなる覚悟も必要でしょう。だからこそ、排卵日検査薬は長い目で選ぶ必要があるのです。

排卵日検査薬の出費は抑えるに越したことはありません。安くたくさん購入できる排卵日検査薬というのは、妊娠の希望を持ち続ける上で非常に心強いものです。

そして、そもそも排卵日検査薬はたくさんの量を使うのが普通だと言うこと。

もちろん、購入した排卵日検査薬が余ってしまうのが一番の理想です。余ってしまうのは少し複雑ですが、同時にこんなに嬉しいことはありません。

HOMEへ戻る